ミニマリスト

女ミニマリストの秋服全7枚公開

女ミニマリストの秋服全7枚公開

夏の暑さも徐々に収まってきましたね。
衣替えの季節で服の整理をしたため、今年の秋服全7着を紹介します。

・夏服は劣化が早いのでほとんど処分
・白と黒をメインに、小物で色を取り入れる
・自分は変わるから、似合う服も変わる

●ミニマリストの秋服全7着紹介

・ワンピース 1
・白シャツ  3
・スカート  2
・カーディガン1

全7枚

この内白シャツ2枚(同じデザイン2枚)は夏服と兼用です。

基本的に暑がりの私は今(10月中旬)は7部丈の白シャツにスカートを合わせています。

2枚のスカートは着物リメイクスカートで、絹100%です。
シルク100%という贅沢なスカートですが、minne(ミンネ)というハンドメイド通販サイトで作家から直接購入しているため、送料込みでも一枚4,000円ほどです。

シルクは天然素材で通気性・吸湿性に優れ、快適に着られます。
また柔らかく繊細な肌触りで着心地は最高です。
洗濯もネットに入れてすぐに干せばシワにならないため、お手入れも簡単です。

涼しい日には長袖のシャツにしたり、カーディガンを合わせます。
カーディガンはユニクロのウール100%です。
薄手で秋にぴったりのワインカラーでお気に入りです。

長袖ワンピースはリネン100%です。
今はまだ暑い日も多いので、袖を折り曲げて8部袖くらいにして使っています。

このリネンのワンピースは滋賀にあるシャツ屋さんでオーダーメイドで作ってもらったものです。
近江の麻でできていて生地が上質なのはもちろん、採寸して体にぴったりに作ってもらっているのでとても着心地が良いです。

もう3年目になりますが、日焼けによる色褪せはあるものの、丈夫なリネンなので破れもなく、まだまだ着られます。

白と黒がメインなので、色は靴やカバンなどの小物で取り入れます。


今使っているのは2つのショルダーバッグで、ピンクと赤。
同じストラップを付け替えています。

今年の秋はこの7着で過ごします。

●夏服を中心に7枚断捨離

夏は汗をかくので洗濯の回数も増えます。
また日差しも強く色褪せや劣化が早くなります。

そこで見直した結果、夏服は4枚処分、それ以外のシーズン服も3枚処分しました。
女性ミニマリストの夏服全7着公開にある写真の白シャツと黒スカート以外全てです。

この断捨離の結果、服の総数は17着となりました。

総数

ワンピース  1
トップス   1
スカート   5
シャツ    5
カーディガン 2
ニット    3

合計17着

ミニマリストの中にはシーズンごとに数枚の服を着倒し、季節が過ぎると全部処分して収納スペースを常にスッキリさせておくという方もみえます。
今回は私もそのやり方を真似ることにしたのです。

すると、クローゼットもタンスもとてもスッキリして風通しが良くなり、見るたびに気分が上がるようになりました。

●自分は変わるから、似合う服も変わる

今回の断捨離で参考にしたのは、ミニマリストすずひさんの著書「一日一捨」です。

「一年前の私は同じじゃない。
半年でも人は変わり、似合う服も変わる。」

というような言葉があり、ハッとしました。

似合うと思っていても、お気に入りだった服でも、いざ着てみるとなんか違う…ということは頻繁に起こり得るというのです。
それは自分が変化するからで、価値観だって1日で変わることもあります。

この言葉に動かされ、服以外の断捨離も進めているのですが今までよりもうんとはかどるようになりました。

「なんでこれ残してたんだろう・・・?」
という物が、整理したと思ってても結構あるのです。

判断基準としては、「もしこれがなくなったとして、すぐに買い直すか?」と考えれば捨てやすくなります。
また「いつか使う」のいつかは永遠に来ないという言葉もあります。

すずひさんの本は文章が丁寧で親しみやすく、とても読みやすいです。

特に服に関する記述が細かく、深い考えに触れることができとても良い一冊でした。
ブログの方もチェックするようになりましたが、名古屋の方のようで親しみを感じます。

「一日一捨」、気になる方はチェックしてみてください。

●花粉対策で、ユニクロのウルトラライトダウン購入を検討中

アウターを全部断捨離するための寒さ対策3つにも書きましたが、私はジャンバーやコートなどのアウターを一枚も持っていません。
基本的に暑がりの私は、記事にもあるようにねこはんてんとストールで十分寒さを凌げるからです。

愛知県で2回冬を越せたので今年も大丈夫だと思います。

ただしひどい花粉症の私は、2月以降の防寒としてユニクロのウルトラライトダウンを買ったほうがいいかなと思っています。
ウールやカシミヤは暖かいですが表面積が広いため、花粉がつきやすいからです。

花粉がつきにくい服は、表面がツルツルした素材です。
実は去年も買おうと思ったのですが、決意した頃には時期が遅く既に店頭から消えていたのです。

アパレルは季節先取りしますからね…ということで、今年は今のうちに準備しておこうと思います。
ユニクロは期間限定価格で値段が下がることがよくありますが、私の欲しいデザインはまだ下がらないのでこまめにチェックしている所です。

●まとめ

今年の秋服全7着を紹介しました。

・夏服は劣化が早いのでほとんど処分
・白と黒をメインに、小物で色を取り入れる
・自分は変わるから、似合う服も変わる

服の整理の参考にオススメの著書です。

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。