ライフスタイル

大学無償化は母子家庭のための制度か

大学無償化は現時点ではほぼ母子家庭のための制度

先日シングルマザーの先輩が
下の子が来年から大学生で学費が大変と話していました。

「でも2020年から大学無償化ですよね?」

と聞くと年収制限があるため利用できないということでした。

母子家庭であればほぼ該当できる年収制限だったと思うので調べると、
一部支給でも該当できるのは年収380万未満の場合でした。

保険屋は会社員でありつつも個人事業主なので経費が使えます。
でも先輩は経費使っても1000万超えてしまうので税金も高くて大変、ということです。
めちゃ稼いでますね…!

私が現役の頃、児童扶養手当が満額もらえるように収入抑えることを教えてくれた方なのですが
今でははるか上のステージに立たれていて輝いてました。

今回は大学無償化の所得制限と、これから子供を産むことについて思ったことをまとめます。

・母子家庭が使える金銭的メリットまとめと在宅で収入を増やす方法はこちら
母子家庭の生活費と手当を6万貯金する方法

●2020年4月から大学無償化スタート

大学無償化の対象や支援額は、世帯年収により異なります。

①住民税非課税世帯→国立大学は全額免除、私立大学は年間70万減額

②年収300万未満→①の場合の3分の2を支給

③年収300万〜380万未満→①の場合の3分の1を支給

収入が少なくても2000万以上の資産がある場合は対象外です。
ただ年収380万未満の大学生の親で2000万超えの資産があるのはレアケースですので、
ほとんどの場合気にしなくてよいでしょう。

非課税世帯になるかどうかは家族構成によって変わります。
母子家庭であれば年収204万以下で対象になります。

これは母子家庭の年収中央値とほぼ同じため、
母子家庭であれば大学は無償化となるということです。

詳しくは母子家庭なら該当しやすい!非課税世帯9つのメリット

ただ大学生の親で、両親が揃っていると年収380万以下というのはかなり限られます。
つまり、今回の大学無償化は実質母子家庭のための制度なのではと思います。

世帯年収を下げるために偽装離婚が増えるのではないか、
年収400万の世帯が一番損する、などという批判はありますが、
低所得者を優先的に支援するという国の姿勢は本当にありがたいなと思います。

将来的には所得制限なしでの無償化を掲げていますが、財源の問題があります。
そのため現時点では低所得者(主に母子家庭)に限定するということですが、
今後は拡大していくと思われます。

●これから子供を育てる人に、国は優しくなっている

大学無償化が低所得者限定なのは、これから子供を育てる場合、
大学進学はまだ先の話だからだと思います。

実際生まれてすぐ必要になる保育園や幼稚園の無償化を所得制限なしにスタートさせたのは、
子供を産むハードル下げるための第一歩です。

低所得者は現在でも小学校、中学校で給食費や学用品費の還付を受けられる就学援助が使えるし、
高校は無償化されています。

母子家庭の教育費について詳しくはこちら
教育費の不安を解決する大学無償化と就学援助

子供が生まれないと、日本は衰退していきます。
ようやく国が少子化対策に力を入れるようになってきました。
今後は大学無償化も時間をかけて段階的に進んでいくでしょう。

だから、今は子供を産むのに良い時期だと思います。
これから子供を産む人に、国は優しくなっていることをひしひしと感じるからです。

●経済的な理由で子供を諦める人が減るかどうか

子供にはお金がかかるというイメージがあり、収入が低いことを理由に諦める人がいます。
経済的理由以外をクリアしているなら、それはとても勿体無いことです。

例えば共働きの場合、多くの場合育休明けは時短勤務となり、
収入は減るのに保育料は高いという問題があります。

保育料無償化でこのような育休復帰の壁はひとつクリアすることができます。

もうひとつ心配なのは教育無償化の制度が持続可能なのかどうかです。

これについては絶対大丈夫とは言い切れませんが、
子育て関連の支援で改悪されたケースは少ないため、効果があると証明されれば制度は続いていくし、より使いやすく改善もされると思います。

どちらにしても、子供にかかるお金の多くは教育費です。
教育費無償化で、子供を産む人が増えるといいなと思います。

これからも実際に産んでみて良かったことや大変なこと、
お金の面など今後も発信していけたらと思います。

●支出を減らして貯金を増やすためにできること

ここをご覧の方は、母子家庭やお子さんの学費で悩んでいる方が多いと思います。
今後子育て関連の支援が手厚くなるとしても時間がかかるでしょうし、どちらにしても少しでも支出を減らしてお金を残すことが重要です。

支出を減らすには固定費から見直すのが一番の近道です。
一度減らすことができれば、その効果はずっと続くからです。

削減しやすい固定費は、保険料です。

私自身保険屋ですが、ネットや雑誌で家計簿を拝見すると保険料を払い過ぎの家庭をよく見かけます。
「自分の楽しみを減らすより、保険料を見直した方が早いのに・・・」
と歯がゆい思いをすることも。

とはいえ、どうやって保険を見直したらいいか自分で判断するのは難しいです。
そこでおすすめなのが、プロのFPに相談することです。

保険ガーデンなら、都合の良い日時・場所で保険の無料相談ができます。
複数の保険を扱う代理店なので、本当に合った保険を探すことができます。

ネットでは試算のできない商品の中に、良いものが見つかることもあります。
また、相談したからといって必ず保険に加入しなければならないわけではありません。

保険加入は納得した場合のみで良く、無理な営業もしないため安心して下さい。

保険ガーデンでは、今なら無料相談するだけでお米やスイーツがもらえるキャンペーン実施中です。
気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 
「いきなり個別相談は敷居が高い…」
という方は、先に無料のマネーセミナーで知識をつけるのも良いですね。

スクロールでは、プロのFPによる無料のマネーセミナーを全国で開催しています。
セミナーは女性限定で、飲み物やスイーツも用意されてるため1人でも参加しやすいです。

「お金や保険について学びたいけど、何から始めていいかわからない」
「将来のためにお金を貯めたいけど、どれくらい、どうやって準備したらいいかわからない」

そんな方にオススメのマネーセミナーです。
会場は駅から近いためアクセスも良く、各地域でほぼ毎週開催されているため予定も立てやすいです。

スクロールでは金融商品の勧誘などは一切ありませんので安心してご参加ください。

まずはお近くの会場の開催スケジュールを確認してみて下さい。
申し込みはフォームから簡単にできます。

●母子家庭が使える金銭的メリットまとめと在宅で収入を増やす方法はこちら
母子家庭の生活費と手当を6万貯金する方法

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。