投資信託

NISAとつみたてNISA比較と疑問点を解決

投資信託はNISA口座で買うこと!

NISAとは、少額非課税投資制度で、
NISA口座から購入した投資商品の利益や配当が非課税になります。

通常株式や投資信託で得た利益には20.315%の税金がかかります。

NISAを使えば年間投資額120万円、つみたてNISAなら年間40万円までの投資額に対する税金がかからなくなるのです。

つまり、投資を始めるならNISA口座を使うことは必須となります。
ここでは、一般NISAとつみたてNISAの違いと選び方を解説します。

NISAには一般NISAとつみたてNISAがあります。

違いは以下の通りです。

一般NISA つみたてNISA
運用の仕方 積立、通常買付 積立のみ
年間投資上限額 120万 40万
非課税となる期間 5年 20年
対象商品 株、投資信託 国が定めた投資信託

共通の注意点

・NISA口座は一つの金融機関でしか作れない(各年ごとに変更可能)
・一般NISAと積立NISAの併用はできない

 

積立NISAの場合は国が定めた基準を満たした投資信託しか買うことができません。

投資信託の中でも安全性の高い商品の中から選べるので、初心者でも安心して選ぶことができます。

●損益通算ができないデメリットはこう回避する

NISAのデメリットは、損益通算ができないということです。
損益通算とは、一方で利益が出たけど、一方で損失が出た場合に両方を合わせて最終的な利益または損失を算出することです。

NISA以外の口座であれば、違う金融機関同士でも利益と損失を合わせて計算できます。

ですがNISA口座でしか投資していない場合は関係ありません

また売却しなければ利益も損失も発生しません。
保有商品がどのような値動きをしても、売らずに持っているだけなら税金はかかりません。

投資の基本は長期運用で利益を得ることです。
そして余剰資金でやることです。

この基本が守られていれば、すぐに解約、
ということにはならないはずなのでNISAで運用することをオススメします。

 

●一般NISAとつみたてNISA、どちらを選ぶか

どちらを選ぶかは投資スタイルにより異なります。

一般NISAが有利な点

・年間投資額が大きい
・売り買いのタイミングが自由
・株式、投資信託、ETFなどほとんど全ての投資商品が買える

つみたてNISAが有利な点

・商品が金融庁のフィルタで絞られているため、初心者でも商品選びがしやすい
・トータルの投資可能総額は一般NISAよりも大きい
・毎月積立しかできないので、計画的な資産形成ができる

ということで、まとまったお金があり、投資にある程度知識のある場合は一般NISA、
投資初心者で少額から積み立てたい場合はつみたてNISAが良いでしょう。

 

●途中で積立ができなくなったらどうする?

一般NISA、つみたてNISAとも掛け金のストップや減額ができます。
なので現時点でできそうな金額から初めて大丈夫。

安心してNISAで投資デビューしましょう!

●非課税期間が終わったあとはどうする?

NISA口座は2023年まで開設できます。
そのため、新しいNISA口座に移すか、売却するか選べます。
売却益があっても非課税です。

つみたてNISAの場合は20年後、売却かそのときの価格で特定口座に払い出すことができます。
その際、売却益は非課税です。

●まとめ

一般NISAとつみたてNISAの違いと選び方について解説しましたが、いかがでしたか?

よく比較されるイデコ(個人型確定拠出年金)と比べて有利な点は、引き出しが自由なことと口座維持手数料がかからないことです。

自分にとってどの非課税制度を使うのが良いのか、考えて選ぶようにしましょう。

 

投資信託の選び方についてはこちらを参考にしてください。

投資信託の損しない選び方/7つのポイント

NISAを開設するなら、私も使っている楽天証券がお勧めです。

 

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。