節約

デビットカードでプレ現金払い

●デビットカードはATMへの移動&待ち時間を節約できる

●デビットカード作るなら、簡単登録で自己アフィリがお得

 

先日デビットカードを作りました。

というのも、名古屋に出かけるときにお金をおろすのがとにかく大変なんです。

まずベビーカーだから段差に弱い。

階段しかないときは抱っこに切り替えてベビーカーを運ぶしかない
もしくはスロープやエレベーターのある所まで迂回する。
それがめちゃ遠かったりする(>_<)

使い過ぎ防止のためあまり一度にたくさんの現金を下ろさないので、お出かけの度にATMへ行くことが多いです。

でも、最近、この手間と時間をもったいなく感じるようになってきました。

だったら現金をまとめて下ろしておくか、全部クレジットカードにするのが良いかもしれません。でも、全額クレジットは使い過ぎが心配だし、抵抗がある…

 

そんなときに活躍するのが、デビットカードです!

 

デビットカードは使った分が即口座から引き落とされるので、現金と同じ感覚で使えるカードです。

 

しかも、ポイントがたまります!
クレジットカードに比べれば還元率は低いですが、現金払いにすれば還元は0であることを考えれば嬉しいものです。

私は普段使うメインバンクが三菱東京UFJ銀行なので、三菱東京UFJのデビットカードを作りました。
引き落とし口座と同じ銀行のカードが便利ですね。

現金とクレジットカードの中間のようなデビットカードは、本当に便利です。

 

三菱東京UFJのデビットカードにはVISAとJCBの2種類があります。

違いはポイントの還元率と、使い方です。

 

MUFJ公式によると、

[VISAデビット]
・ショッピングご利用金額に応じて、毎月自動キャッシュバックを行います。
・毎月1日~末日のご利用に応じた金額を翌月25日(銀行休業日の場合は翌営業日)に決済口座の普通預金口座に入金します。
・基本キャッシュバック率は、0.20%(端数切捨て)です。
・キャッシュバック率アップの特典もございます。

 

[JCBデビット]
・毎月のご利用合計金額1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが1ポイントたまり、さまざま商品や他のポイントと交換いただけます。
・ポイント還元率は0.3%~0.5%相当です(※交換商品により還元率は異なります)。
・ポイントアップの特典もございます。

 

要するに、VISAは現金で還元される代わりに還元率が低く、JCBはポイント還元のため還元率高め、ということです。

ポイントだと使い道を選択したり、お得な商品を探す楽しみがありますが、それが手間だということもあります。
還元率は低くても、キャッシュバックのほうが便利かもしれませんね。

UFJのデビットカードには年会費が1,080円かかりますが、初年度は無料で2年目以降も年間10万以上使っていれば無料です。
月にすると8,333円以上なので、普段の買い物や、何回か大きな買い物をすればクリアできます。

また、今なら登録から一ヶ月以内に15,000円以上、計3回使うと1,500円もらえます。

この特典はキャンペーンエントリーが必要なのでしっかりエントリーしておきましょう。

そして、三菱東京UFJ銀行のデビットカードを作るなら、A8ネットに登録してセルフバックを経由して作るとさらに報酬がもらえます。

やり方は簡単。

 

●下のバナーからA8ネットへ行き、会員登録をする
(入力事項が多いですが、現金で3,920円もらえるのでがんばりましょう。)

●登録完了したら、ログイン→右側にある水色のバナー「セルフバック」を選択

●検索欄に、「デビットカード」と入力

●現金感覚のカード!三菱東京UFJ銀行【VISAデビット】もしくは三菱東京UFJ-JCBデビットの「詳細を見る」

●次の画面で「セルフバックを行う」を選択し、UFJのサイトでカードを作る

 

VISAかJCBかで報酬の金額が違うので気を付けましょう。

ブラウザの設定でCookieを有効にしないと成果がカウントされないので、設定を確認してから利用しましょう。

セルフバックにはクレジットカードを作るだけで15,000円などの高額案件もあります。
期間限定で値上げされることも多いので、こまめにチェックすると良いですよ^^



デビットカードを実際に使ってみて感じたメリットデメリットはこちら

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。