保険

母親が入院時に子供を預ける乳児院について解説

母親が入院時に子供を預ける乳児院について解説

もし母親が入院した場合、子供達の預け先はどうしますか?
両親が揃っていれば夫やその家族、自分の家族など選択肢がいくつかあります。

ですが母子家庭の場合は自分の両親一択です。
また親でも仕事をしている場合も多く、高齢だったり病気があると小さい子供を長期間みてもらうのは難しいです。

ベビーシッターに泊まり込みでお願いすることもできますが、かなりの費用がかかります。
そんなとき利用できるのが、乳児院という児童養護施設です。

乳児院は条件を満たせば誰でも利用できますが、母子家庭にとっては特にありがたい施設です。
この記事では、母親が入院時に利用できる乳児院について解説します。

・0歳〜6歳までの子供を24時間体制で預かってくれる
・ショートステイで一週間程度の短期利用ができる
・費用は1日あたり1000円〜5000円程度
・定員があるため入院の予定がわかったら早めに予約する
・長期にわたる子供の世話は身内よりプロに任せた方が安心

●0歳〜6歳までの子供を24時間体制で預かってくれる

乳児院とは様々な理由で両親と暮らすことのできない乳児を預かる施設です。
入所の理由は母親の病気、入院、死亡、出産、離婚、虐待、家出など様々です。

利用できる年齢は基本的に1歳までですが、特別な事情がある場合は6歳(就学前の幼児)まで入所可能です。

乳児院は24時間体制で看護師や医師、管理栄養士、保育士がチームとなってお世話をしてくれます。
医療や保育のプロ集団なので、安心してお任せできます。

児童養護施設の一部と聞くと、馴染みのないイメージですよね。
でも実際には、母親の病気や出産に伴い、子供を短期間預ける親も多いということです。

●ショートステイで一週間程度の短期利用ができる

ショートステイ(短期入所)が可能なのは、保護者が以下の条件のいずれかを満たす場合です。

・病気・出産などにより入院する時
・親族などを看護する時
・災害や事故で養育ができない時
・冠婚葬祭・出張など社会的にやむを得ない事由により養育ができない時
・育児疲れ・育児不安

いかがですか?
意外と簡単に利用できる印象ですよね。

●費用は1日あたり1000円〜5000円程度

気になる費用も1日あたり1000円〜5000円程度と、民間の施設を使うよりもかなりお得です。

具体的には前年度の所得によって利用料金が決まります。
保育料の算定と似たようなイメージです。

特に非課税世帯であれば1日あたり1000円で利用できるのでありがたいです。
母子世帯であれば非課税世帯に該当する場合も多いため、いざという時は心強いですね。

非課税世帯について詳しくはこちら
母子家庭の生活費と手当て6万を貯金する方法

●定員があるため入院の予定がわかったら早めに予約する

乳児院はこのように便利でお得な施設ですが、定員の状況によっては利用できないこともあります。
そのため、入院の予定が決まったら早めに乳児院に問い合わせや予約をした方が良いです。

お近くの乳児院はネットで簡単に検索できます。
愛知県であれば「乳児院 愛知県」と打てばすぐに表示されます。

また市役所の児童福祉課に相談すれば案内してもらえます。
必要な物や利用要件は施設によって異なりますので、利用したい場合は直接確認して下さい。

●長期にわたる子供の世話は身内よりプロに任せた方が安心

母親が入院する時一番心配なのは、子供の世話です。

「母親が入院したら家事代行やベビーシッター代がかかるから医療保険に入りましょう」

という宣伝をよく見かけますが、ショートステイを利用すれば家事代行やベビーシッター代もかかりません。
逆に家事代行やベビーシッターをフルで利用したら、とても医療保険では足りません。

家事もお願いできるベビーシッターに泊まり込みでお願いしても、時給1000円の場合でも1日24000円です。

また入院中は実家に頼るのが現実的ですが、小さな子供の場合は負担も大きくかえって精神的に疲弊します。
1日2日なら身内でもなんとかなるかもしれませんが、一週間となると育児のプロにお任せした方が安心です。

私も次男を出産した際長男を実家に預けましたが、とても大変で今でも申し訳なかったなと思います。
もしショートステイのことを知っていたら絶対利用してたと思います。

「身内がいるのに、施設に預けるなんてかわいそう…」
などと思われるかもしれませんが、24時間体制でのお世話は本当に大変です。

長期にわたる子供の世話は身内よりプロに任せた方が安心で精神的にも楽です。
費用もそれほどかからないため、入院や出産で子供の預け先について考える機会があれば検討していただけたらと思います。

●医療保険はそんなに必要ないかも?

母親入院時にかかる家事代行やベビーシッター代として医療保険に入ってる方も多いと思います。

ですがお話しした通りショートステイを利用すれば民間施設よりもかなり費用が抑えられます。医療保険はほとんどの場合赤字になります。

詳しくは医療保険が必要ない理由と、必要な理由7つへの反論

もしかしたら医療保険に入り過ぎかもしれないし、そもそも必要ない場合もあります。

貯蓄平均によると、医療保険が必要なのは全体の3割

ですが今の保険が本当に合っているのか、自分で判断するのは難しいですよね。
そこでおすすめなのが、プロのFPに相談することです。

保険ガーデンなら、都合の良い日時・場所で保険の無料相談ができます。
複数の保険を扱う代理店なので、本当に合った保険を探すことができます。

ネットでは試算のできない商品の中に、良いものが見つかることもあります。
また、相談したからといって必ず保険に加入しなければならないわけではありません。

保険加入は納得した場合のみで良く、無理な営業もしないため安心して下さい。

保険ガーデンでは、今なら無料相談するだけでお米やスイーツがもらえるキャンペーン実施中です。
気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。

「いきなり個別相談は敷居が高い…」
という方は、先に無料のマネーセミナーで知識をつけるのも良いですね。

スクロールでは、プロのFPによる無料のマネーセミナーを全国で開催しています。
セミナーは女性限定で、飲み物やスイーツも用意されてるため1人でも参加しやすいです。

「お金や保険について学びたいけど、何から始めていいかわからない」
「将来のためにお金を貯めたいけど、どれくらい、どうやって準備したらいいかわからない」

そんな方にオススメのマネーセミナーです。
会場は駅から近いためアクセスも良く、各地域でほぼ毎週開催されているため予定も立てやすいです。

スクロールでは金融商品の勧誘などは一切ありませんので安心してご参加ください。

まずはお近くの会場の開催スケジュールを確認してみて下さい。
申し込みはフォームから簡単にできます。

 

●まとめ

母親が入院時に利用できる乳児院について解説しました。
母子家庭でなくても利用できるので、ぜひ参考にして下さい。

・0歳〜6歳までの子供を24時間体制で預かってくれる
・ショートステイで一週間程度の短期利用ができる
・費用は1日あたり1000円〜5000円程度
・定員があるため入院の予定がわかったら早めに予約する
・長期にわたる子供の世話は身内よりプロに任せた方が安心

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。