ライフスタイル

2019年7月の生活費は?母子家庭の家計簿

2019年7月の生活費は?母子家庭の家計簿

2019年7月の支出合計を発表します。
今月は車の保険と修理、日帰り旅行で20万円を超えました。

●7月の支出明細

家賃     42,216
スマホ     1,726
保険      1,905

固定費合計  45,847

電気      2,458
ガス      3,974
水道      1,296

光熱費合計   7,818

食費     45,293
外食      8,658
酒       3,209

食費合計   57,160

保育料     2,570
ガソリン   10,348
被服費     6,432
日用品     7,850
書籍      3,848
交通費       700
レジャー   35,134
サーバ代    1,080
車保険(年払い)17,666
車修理    10,000

その他合計  95,628

総合計    206,453

●車の窓が閉まらなくなり、修理に1万かかる

突然車の窓が閉まらなくなり、焦りました。
どうやら窓開閉のスイッチ部分の故障らしく、交換すれば治るとのこと。

早速修理をお願いし、部品代と工賃で修理代が1万円かかりました。
突然の出費で痛いですが、13年落ちの車だし仕方ないですね。

窓のスイッチ部分は壊れやすいそうですが、一度交換すればしばらくは大丈夫だろうということでした。
この車は壊れるまで乗るつもりなので、ちょくちょく修理や維持費がかかるのは必要経費として割り切ります。

車には特にこだわりもなく、買い換えるよりも乗り続ける方がお得なのでこのままお世話になります。

車の維持費を計算してみて驚いた話

中古の場合、軽自動よりコンパクトカーの方がお得です

●白熱教室のセールで加藤ひろゆき先生の車の話を購入

サウザーさんのオーディオブックで加藤ひろゆき先生の車の話を購入しました。
まだまだ乗り続けますが次に車を買うとなった時、どうやってお得に中古車を買うかなど知識をつけたかったためです。

色々参考になりましたが一番のお得情報は、やはりトヨタの車が耐久性が高くコスパが良いということです。
次に買うときもトヨタの中古車にしようと思います。

●夏の日帰り旅行で京都へ

ずっと旅行に行ってなかったので思い切って京都へお出かけしました。
子供達が電車大好きなので、何が喜ぶかなと考えた結果新幹線に乗ることにしました。

名古屋からだと京都まで約30分、チケットショップを使えば指定席でも往復で1万ちょいなのでちょうど良いかなと。
結果、初めて乗る新幹線に大興奮だったので大正解でした。

交通費や食費、食べ歩きやお土産などはまとめてレジャー費として計上してます。
別の日に藤田和日郎原画展へも行ったので、その分も。
久々に楽しい休日を過ごすことができて良かったです。

●自動車保険は毎年乗り換えで割引を利用

自動車保険は新規契約者向けに割引サービスを行っているため、毎年乗り換えた方が保険料はお得です。
そのため私は毎年各社に見積もりをして、一番安い保険会社で契約しています。

今回はアクサダイレクトからSBI損保へ乗り換えました。
今年からゴールド免許なので、その分の割引もあるためか昨年よりも3,784円保険料を下げることができました。

昨年21,450円→今年17,666円

自動車保険は他社に乗り換えても等級が引き継げるので特にデメリットはなく、割引が使える分だけお得です。そのため自動車保険に特にこだわりがない場合は毎年一括見積もりをすると、保険料がかなり抑えられますよ。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

●8月の支出計画

8月も夏のお出かけをしたいなと思っています。
普段は節約に励んで、楽しみにはきちんとお金を使うというメリハリも大切だからです。

7月中に物件のリフォームはほぼ終わり、あとは掃除をして8月中には入居者募集できそうです。
晴れの日が増えて冷房なしでの作業が大変になってきたので、手早く終わらせたいなと思います。

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。