ミニマリスト

冬物アウターを全部処分するための寒さ対策3つ

冬物アウターを全部処分するための寒さ対策3つ

クローゼットの中で一番スペースを取るのがアウターです。
ダウンジャケットやコートは生地も分厚いので容赦無くスペースを圧迫します。

試しに一度全てのアウターを出してみると、クローゼットはとてもスッキリしました。
このままアウターなしで冬を越すことができれば、クローゼットを快適に使えます。

ただ、当たり前ですが寒いという問題点があります。
逆に寒さ対策さえできれば、アウターを全処分してスッキリさせることが可能なのです!

この記事では、私が実際にアウターを0にできた方法を書いていきます。

・気候によってはアウターなしは可能
・足袋ソックスor5本指ソックスを履く
・ねこ半纏で防寒する
・ストールを使う

●気候によってはアウターなしは可能

まずは住んでる地域が重要です。
寒がりでなくても山間部や北海道・東北はアウターなしでは辛そうです。

私は愛知県の平地なので大丈夫でしたが、同じ愛知県でも北風が強く寒さの厳しい地域もあります。
お住まいの地域の気候や体感を参考に、アウターなしでも過ごせそうか検討しましょう。

気候をクリアできたらポイントは3つです。

・足袋ソックスor5本指ソックスを使う
・ねこはんてんで防寒
・ストールを使う

●足袋ソックスor5本指ソックスを使う

私は真冬でもスカートに靴下のみで、タイツははきません。
礼服やスーツ用に数本残してありますが、寒さ対策に足袋ソックスor5本指ソックスを使っています。

足の指と指の間には八風(はっぷう)というツボがあり、刺激することで血流を良くして足を温める効果があります。

足袋ソックスや5本指ソックスはこのツボを自然に刺激できるので冬でも暖かいです。
足指の蒸れ防止にもなり、慣れるとこれしか履けなくなりました。

綿素材であれば毛玉にもなりにくく、さらに快適に履くことができます。

5本指は履く時や洗濯して干す時に大変なのと、見た目がいまいちなので足袋ソックスの方が初めて試すには良いかもしれません。
冬だけでなく夏場でも、足指の間が蒸れないので季節を問わずオススメです。

一度試してみて、問題なさそうなら続けてみて下さい。

●ねこはんてんで防寒

ねこ半纏(はんてん)って知ってますか?

背中だけを覆うはんてんで、信州・南木曽町の伝統工芸品なぎそねこが有名です。

軽いくて薄いので肩が凝らず、服の中に来てもモコモコしません。
なのにとても暖かいんです!

まさに「背中に布団を背負ってる」状態で、これなしと有りでは寒さの感じ方が全然違います。冬場にアウターなしで過ごせる一番の理由がこのねこ半纏です。

服の中に着ることもできるので、コーディネートを気にせず柄を選べます。

冬場はフランネルシャツとニットの間にこれを着て、外出する時はストールを使う事もあります。
一度試してみるとその威力が分かりますので気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

●ストールを使う

アウターはかさばるので、出先で脱いで持ち歩くにも不便ですよね。
ストールの方がコンパクトにたためるので外出先でも邪魔になりません。

季節外の収納時にも、コートやジャンパーよりもスペースを圧迫しません。

ちなみにストールはカシミヤかウールをお勧めします。
アクリルの方が安いですが風を通して寒いし、毛玉になりやすく静電気もすごいので使いにくいです。
詳しくは毛玉のできる原因と対策/たった1つ気をつけるだけで劇的に毛玉が減る

●まとめ

アウターを全て処分するための寒さ対策を紹介しました。
寒さの感じ方は人それぞれです。
まずは自分なりの方法で実際に冬を越せるか実践してみて、大丈夫そうなら処分すると良いでしょう。

薄手の服を重ねることにより空気の層を作って防寒することもできます。
詳しくはかさばる厚手の冬服を処分する3つのメリット

・気候によってはアウターなしは可能
・足袋ソックスor5本指ソックスを履く
・ねこ半纏で防寒する
・ストールを使う

じゅうたんやラグを処分するための寒さ対策はこちら
冬でもカーペットなし生活するための寒さ対策

こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。
\ Follow me /