ライフスタイル

2019年4月から産前産後の国民年金と国民健康保険料免除が始まる

2019年4月から産前産後の国民年金と国民健康保険料免除が始まる

2019年4月から産前産後の国民年金と国民健康保険料免除が始まります。

これまで厚生年金加入者は健康保険、年金ともに産前産後は保険料免除でした。
会社員にとってはありがたい制度ですが、自営業など国民年金の場合は負担が変わりませんでした。

その流れが次世代育成の観点から変わりました。
この記事では、産前産後の国民年金と国民健康保険料免除について解説します。

・対象は第1号被保険者で出産日が2019年2月1日以降
・免除になる期間は産前産後の4ヶ月
・免除期間は保険料を納めた期間として数えられる
・出産前でも出産後でも申請可能
・すでに保険料を支払っている場合、産前産後期間の保険料は還付される

●対象は第1号被保険者で出産日が2019年2月1日以降

対象は第1号被保険者で出産日が2019年2月1日以降です。
第1号被保険者とは、厚生年金に加入せず国民年金にのみ加入している人のことです。

第1号被保険者 自営業、農業、学生、フリーター
第2号被保険者 会社員、公務員、条件を満たしたパート
第3号被保険者 第2号被保険者である配偶者に扶養されている人

出産日が2019年2月1日以降なら免除の対象となります。
知らなかった!という場合は産後の申請も可能です。
前納を含め支払った保険料は、産前産後期間については還付されるので必ず申請しましょう。

●免除になる期間は産前産後の4ヶ月

免除になる期間は産前産後の4ヶ月間です。
多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料、国民健康保険料が免除されます。

申請後、出産日を基準として産前産後期間が決定されます。
5月に出産した場合は、3月分・4月分・5月分・6月分の保険料が免除となります。

国民年金だけでも月額16,410円なので、4ヶ月分というと65,640円です。
国民健康保険料は所得によって異なりますが、全額免除になるのは産前産後の期間だけです。

かなり大きい金額なので助かりますね。

●免除期間は保険料を納めた期間として数えられる

免除期間は将来年金額を計算する際に、保険料を納めた期間として数えられます。
保険料を支払わなくても払ったことになるということです。

将来の年金額に影響しないため、安心して免除を受けることができますね。

●出産前でも出産後でも申請可能

申請書の提出は2019年4月からで、出産予定日の6ヶ月前から提出可能です。

申請書は年金事務所または市(区)役所・町村役場の国民年金の窓口に備え付けられます。
ホームページでも印刷可能です。

出産前の申請には母子手帳が必要です。

出産後の申請の場合は、出産日は市区町村で確認できるため原則不要です。
ただし、被保険者とお子さんが別世帯の場合、出生証明書など出産日及び親子関係を明らかにする書類が必要です。

●すでに保険料を支払っている場合、産前産後期間の保険料は還付される

前納や申請のし忘れですでに保険料を支払っている場合でも、申請すれば産前産後期間の保険料は還付されます。
2019年4月以降の出産で国民年金に加入している人は忘れずに申請しましょう。

●まとめ

産前産後の国民年金と国民健康保険料免除について解説しました。

会社員の場合だと育休の期間中、最大3年まで厚生年金・健康保険料が免除になることを考えると4ヶ月というのは短いです。
ですが今まで免除にならなかった部分が少しでも免除になるのは嬉しいですね。

自営業など国民年金の方はよく覚えておきましょう。

・対象は第1号被保険者で出産日が2019年2月1日以降
・免除になる期間は産前産後の4ヶ月
・免除期間は保険料を納めた期間として数えられる
・出産前でも出産後でも申請可能
・すでに保険料を支払っている場合、産前産後期間の保険料は還付される

ここをご覧の方は出産を考えてる方や子供が生まれたばかりの方が多いと思います。

結婚や出産は保険の見直しのタイミングです。
新しい家族を迎えて必要な保障の形も変わるからです。

でも、保険選びってなかなか難しいですよね。

以前は良くても、生活の変化により最適な保険も変化します。
かけすぎていたり、全然足りなかったりします。

保険料にも注意が必要です。
保険は長く払うものなので数百円の保険料の差でも、積み重ねると数十万円になることもあります。

保障内容が本当に自分に合っているのか、自分で判断するのは難しいです。
そこでおすすめなのが、プロのFPに相談することです。

保険見直し本舗なら、都合の良い日時・場所で保険の無料相談ができます。
複数の保険を扱う代理店なので、本当に合った保険を探すことができます。

ネットでは試算のできない商品の中に、良いものが見つかることもあります。
また、相談したからといって必ず保険に加入しなければならないわけではありません。

保険加入は納得した場合のみで良く、無理な営業もしないため安心して下さい。

保険見直し本舗は全国に257店舗、取り扱い保険会社は45社。
複数の保険会社を扱う代理店としては最多の商品数を扱っているのが強みです。

気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。

ABOUT ME
こえふ
こえふ
保険の不必要性を説く保険屋。 未婚シングルマザーが実践する生活コストの減らし方を解説します! 節約・投資・保険・ミニマリストなどお金に関するお得な情報を発信中。